デヴィ夫人の凄さは?

デヴィ夫人の凄さとは?貧しい幼少期から大統領夫人になるまでの波瀾万丈人生

「世界の果てまでイッテQ」を始め、数々のバラエティ番組にも出演するようになったデヴィ夫人。彼女は今年で83歳を迎えますが、年齢を重ねれば重ねるほど美貌を保っている気がしませんか?さすが、元インドネシア初代大統領の夫人ですね。

しかしここにくるには「波瀾万丈な人生を送ってきた…」と、デヴィ夫人は番組で話していました。様々な体験をしてきたからこそ、今のデヴィ夫人があるようです。一体どんな人生だったのでしょうか?

そこで今回は、デヴィ夫人の凄さに触れながら、彼女がこれまでに送ってきた壮絶な人生を紹介していこうと思います。

幼少期に体験した空襲

幼少期に初めて感じた”恐怖”は、「B29」だと話すデヴィ夫人。空襲警報が鳴る度母親に手を取られながら防空壕に避難し、自分の身を守ることに必死であったことは今でも鮮明に覚えているそうです。

デヴィ夫人が恐怖と感じた空襲

太平洋戦争中、デヴィ夫人は福島県に疎開していましたが、現地は農家ではなかったため、とても裕福とは言えず、まいにち過酷な生活に耐えていました。また疎開先から東京へ戻ってみると辺りは焼け野原、当然食べ物もなかったので、デヴィ夫人が足の悪い母親に変わって農村まで買い出しに行っていたそうです。この頃から既に、母親と弟は自分が守らなければいけないんだと、強い責任感を持っていたようですね。

テレビに出演しているデヴィ夫人の姿を見て、「高価な宝石を付けてて羨ましい」「人生勝ち組だね」と言う人は多いですよね。しかし彼女は、まったくそんなことはないと断言し、こう述べていました。

デヴィ夫人の幼少期は?

私は人の3倍勉強し、人の3倍働き、また人の3倍努力し、睡眠は人の3分の1でしたから。今でもそうですよ。私が自分をラッキーと思うのは、幼少期に体験した戦争と貧しさが、どんな逆境でも生き抜く力を与えてくれたこと。満点の星空を見上げながら、”いつか世界に飛び出して、星のようにきらめく存在になりたいな”と夢を抱いていましたわ。

空襲での体験から、ここまで思えるのはデヴィ夫人だけではないでしょうか?

150倍の倍率と言われていた千代田生命に入社

中学を卒業した後、デヴィ夫人は東京都に位置する定時制高校に進学すると同時に、倍率150倍と言われる千代田生命保険(現在:ジブラルタ生命保険)に入社しました。

倍率150倍のジブラルタ生命保険

しかし彼女の家庭は貧しかったので、昼休みや休日は喫茶店などでアルバイトをして、生計を維持していたそうです。幼少期から持った責任感が、ここでも表れていますね。

その後、知り合いの紹介で赤坂の有名高級クラブ「コパカバーナ」に連れて行ってもらったデヴィ夫人。ここは日本で随一の社交場とも言われ、海外のスターにも知られているVIPクラブです。

コパカバーナで働くデヴィ夫人

何度か通うようになったデヴィ夫人はお店側から大変気に入られ、アルバイトとして働くようになったと同時に彼女の英語力が磨かれていきました。おかげさまでスカルノ大統領と出会ったときに、自分が英語を話せて良かったと感じたようです。働きながらも英語力を身につけたとは、どれだけ彼女が努力していたのかが分かりますね。

若さの秘訣も努力だと話すデヴィ夫人

デヴィ夫人は現在83歳。とてもその年齢に見えないほど美貌を保っていますよね。

だから「どうやって若さを保っているんですか?」「美の秘訣はなんですか?」と聞かれることがあるそうです。この質問に対して彼女は、

体型維持については努力。また外食が多いので、家での食事は”まごわやさしい(豆・ごま・わかめ・野菜・魚・しいたけ・イモ)”を中心に、糖質はなるべくカットしています。またコルセットでウエストをキュッと締め、胸を高く。カラダを甘やかすニットなんて絶対に着ません。あと長年ダンスをしています。あとはスキー、スキューバダイビング。

と答えてくれました。美を保ちたいと思うことは誰でもできますが、デヴィ夫人はしっかり行動に移されていることが分かりますよね。

デヴィ夫人は努力しているから美しい

デヴィ夫人の美の秘訣は努力

だから彼女はいくつになっても、綺麗な女性を保ち続けられているのでしょう。

デヴィ夫人の凄さが盛りだくさんだった

今回は、デヴィ夫人の凄さや、彼女がこれまでに送ってきた壮絶な人生について解説させていただきました。まとめると以下のようになります。

・デヴィ夫人は幼少期から責任感を持っていた

・150倍もの倍率がある会社に就職していた

・高級クラブで働きながら英語力を身につけていた

・デヴィ夫人の美の秘訣は努力である

デヴィ夫人といえば、お金に困ったことが無さそう、人生楽しそうと思う人が多いと思いますが、今回の記事を見て、デヴィ夫人は過酷な人生を送ってきたことが分かったはずです。

決して楽なんてせず、努力してきたからこそ今のデヴィ夫人がいるんですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。