和田アキ子の旦那の職業

和田アキ子の旦那の職業は??馴れ初めが可愛すぎると話題!

日本の歌手であり、司会者でもあり、ときには女優として活躍している和田アキ子。彼女の旦那について、知らない人が多いのではないでしょうか??

実は和田アキ子、過去に1度の離婚を経験しており、今は新しい旦那と生活しています。その新しい旦那ってどんな人物だと思いますか?

なにやら和田アキ子らしくない可愛らしいエピソードによって、2人は結ばれたとのウワサが浮上しています。

そこで今回は、歌手でもあり女優でもある和田アキ子の旦那に着目し、職業や夫婦仲について紹介していきましょう。

メディアでは見られない、和田アキ子の意外な一面が知れるはずです。

実はバツイチの和田アキ子!元旦那はマネージャー?

実は和田アキ子は1977年10月に1度結婚していますが、わずか8か月ほどで離婚しています。

ちなみにこの時の和田アキ子の年齢は27歳です。

結婚相手は、和田アキ子の当時のマネージャーである小林甫でした。

和田アキ子が結婚した最初の旦那は小林甫

離婚した理由については分かりませんが、和田アキ子と小林甫との間で起きた性格の不一致かと思われます。

しかし離婚してからも、年に1度、食事に行くことがあるくらい関係性は良好とのことです。しかも、和田アキ子の現在の夫も交えて、3人で食事に行く機会もあったそうで….。

前の旦那と今の旦那同士が会うなんて、気まずくないのでしょうか…..(笑)

まぁ確かに、前の旦那とはいえ長年和田アキ子の傍にいて、和田アキ子をスターとして誕生させた元マネージャーなんですから、この関係性を崩すことはなかなか難しいでしょうね。

和田アキ子の現在の旦那はだれ?

小林甫と離婚してから約5年後、和田アキ子に再びご縁がありました。お相手は和田アキ子の3歳年上の、飯塚浩司です。

飯塚浩司さんの顔写真が公表。妻 和田アキ子さんとの秘話も - 気になるあの話

飯塚浩司は、元々カメラマンとして活動しておりましたが、現在は株式会社A&Kの代表取締役社長を務めています。

・タレントのプロデュースやマネジメント
・各種飲食店の運営、プロデュース
・和田アキ子が所属する「ホリプロ」と連携し、マネジメントも行う
・和田アキ子がプロデュースした飲食店「お菜屋 わだ家」の運営
ちなみに飯塚浩司は、和田アキ子と一緒に美容室の運営もしています。場所は大阪・ミナミの一角にある「A&K BONAMI」です。
’’BONAMI”というのは、和田アキ子が行きつけのお店「salon de BONAMI」から名前をとっているみたいで、このサロンのヘアアーティストさんと手を結んで決めたそうです。
しかし「A&K BONAMI」を検索してみましたがどこにも情報が見当たらないため、もしかしたらあまり表に出さず、隠れ家サロンとして運営しているのか、と思いました。
以上のことから、飯塚浩司は自分の仕事をしながらも、妻であり和田アキ子の仕事もしっかりサポートしてくれている、とても優しい方だと分かりますね。

和田アキ子と現在の旦那の馴れ初めが可愛すぎる?

飯塚浩司プロフどんな人?和田アキ子との馴れ初めは?子供は?【金スマ】 | 気になる話題速報

現在の旦那である飯塚浩司と和田アキ子の出会いは、和田アキ子が出演していたドラマ「ひまわり戦争」のテレビカメラマンとして、飯塚浩司が担っていたことから始まりました。

当時の飯塚浩司は、主演である和田アキ子をどのような角度から撮れば綺麗に映るか、カメラマンとして研究に研究を重ねていたそうです。そんな彼の姿を見た和田アキ子が「アイツ(飯塚浩司)は私に惚れている」と思い込んだらしく、和田アキ子から飯塚浩司へ猛アタックをした結果、2人はお付き合いをするようになりました。

まさかの、和田アキ子の勘違いから始まった恋愛だったんですね(笑)

そんな関係を続けていった1年後、2人は結婚という運びに至りました。

関連記事

"テレビで見る和田アキ子さんからこのような出来事が..."テレビ番組やCMなどでも活躍している和田アキ子さん。そんな和田アキ子さんに養子がいるのをご存知でしょうか?和田アキ子さん自身が出産した子はいませんが、養子縁組[…]

和田アキ子が養子縁組をした理由

和田アキ子の旦那の職業は元カメラマン!現在は社長!

今回は、和田アキ子の結婚に着目し、特に現在の旦那の職業などを解説しました。まとめると以下のようになります。

・和田アキ子は過去に1度離婚を経験している

・現在の旦那の職業は元カメラマンであり、今は代表取締役社長を務めている

本記事を見ても分かる通り、旦那である飯塚浩司は、和田アキ子のサポートをしながら夫婦ともに仲良く過ごしていることがよく分かりました。

これからも円満に過ごしてもらいたいですよね。

今回も、最後までご覧いただきありがとうございました。