大谷翔平の両親の職業は?

大谷翔平の両親の職業がエグいw実はアスリート選手だった!

二刀流選手として大活躍している大谷翔平は、2023年のWBCで素晴らしい記録を叩き出し、見事MVPに輝きました。

これだけ凄まじい力を持っている大谷翔平の両親は、一体どのような方なのでしょうか?とても気になりますよね。ウワサによると両親ともにアスリート選手だったようですが、どのような選手だったのでしょう。

そこで今回は、大谷翔平の両親に着目し、職業などについて解説していきます!

大谷翔平の両親について

大谷翔平の両親はどんな人?

大谷翔平の家族構成は、父親・母親・兄・姉・大谷翔平の5人家族です。

メジャリーグで大活躍する息子を持つ両親は、一体どのような人物なのでしょうか?父親、母親に分け、詳しく調べてみました。

大谷翔平の父親は少年野球チームの監督

大谷翔平の父親である大谷徹は、現在「金ケ崎リトルシニア」という岩手県胆沢郡金ケ崎町に位置する、中学硬式野球チームの監督をされています。

大谷翔平の父親は金ケ崎リトルシニアの監督

現在は少年チームの監督ですが、元々は三菱重工横浜野球部の社会人チームの野球選手でした。当時は、1・2番バッターを任されるくらいの主力メンバーだったのですが、入部して1年で肩を壊してしまい、6年目には戦力外となり、泣く泣く現役を引退されたようです。

野球選手を引退してからは、トヨタ自動車東日本に転職したのですが、やはり野球を指導したいという気持ちがあったらしく、大谷翔平が小学2年生のときに加入した「水沢リトル」では自らコーチや監督となり、大谷翔平はもちろん、「水沢リトル」に加入する子供たちの野球を指導することになりました。

水沢リトル

彼のおかげで、子供たちはみるみるうちに成長していきました。指導者として素晴らしい力を持っているようですね。

そして大谷翔平が独り立ちとなった2014年、父親は「金ケ崎リトルシニア」を立ち上げました。自身が選手として活躍することは出来ませんが、野球に関わる仕事をしたいと思ったのでしょう。さらに2016年には、トヨタ自動車東日本を退職し本格的に監督業に専念すると決意しました。

現在も、大谷翔平のような選手を作り上げるために必死に指導しておられるようです。

大谷翔平の父親は少年野球チームの監督

大谷翔平がここまで上がってこれたのは、父親である大谷徹のおかげであるといえるでしょう。また息子がプロに入ってからも監督の道は降りず、地元・岩手の子供たちの野球を指導する所が素敵だなと思います。

大谷翔平の母親は元バドミントン選手

大谷翔平の母親である大谷加代子は、現在は焼肉店のパートをされていますが、元々バドミントン選手として活躍していました。

大谷翔平の母親は元バドミントン選手

母親は小学5年生でバドミトンを始め、中学3年生では神奈川県の代表メンバーに選ばれ、バドミントン団体女子の部で準優勝という記録を叩き出しています。

さらにバドミントンの強豪校ともいわれている、神奈川県立横浜立野高校に進学し、インターハイにも出場していました。ちなみに元バドミントン選手である、陣内貴美子と何度も対戦したことがあるようです。

元バドミントン選手の陣内貴美子

そして高校を卒業されてからはトヨタ自動車東日本に就職し、夫である大谷徹と知り合い23歳で結婚されました。

かつて大谷翔平は母親と一緒にバドミントンをし合ったことがあるようですが、彼は最初から手加減なしで、元バドミントン選手である母親も驚くほどのプレーを披露したそうです。

幼い頃から運動神経が抜群で、野球だけなくスポーツ全般得意だったのでしょうね。さすが大谷翔平です。

大谷翔平の両親の職業はどちらもスポーツ選手だった

今回は、大谷翔平の両親の職業について紹介させていただきました。まとめると以下のようになります。

・大谷翔平の父親は元々社会人野球選手だった

・現在の父親は、少年野球チームの監督をつとめている

・大谷翔平の母親は、元々バドミントン選手だった

・現在の母親は、焼肉店のパートをしている

MVPに輝く大谷翔平

やはり息子がこれだけの実力を持っているんですから、両親も両親で素晴らしい経歴をお持ちだと分かりました。

WBCでMVPに輝かせてくれたのは、自身の実力はもちろんですが、両親の支えがあったことも大きいのではないでしょうか??

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。