孫正義の資産

孫正義の資産はいくら?1年で2兆円も損したが現在は…

“1年の間に孫さんは自身の財産を大きく減らし…”

世界には多額の資産を個人で所有している有名人が多くいます。日本にも多くの財産を持っている人はいて、その中でも特に有名なのが孫正義さんです。

今回はそんな孫正義さんの資産がいくらなのかまとめてみました。

孫正義の総資産は2兆円超え!

孫さんは巨大企業グループの創業者として知られている人物で、1957年の8月生まれで2023年の誕生日に66歳になりました。

66年の人生の中で孫さんがすでに獲得した資産は非常に多く、その額がいくらになるのか見当がつかない人も多いのではないでしょうか?

孫さんがどれだけの財産を所有しているのか正確なことは本人が語っていないのでわからないのですが、少なく見積もっても2兆円を超えていると考えられています。当然ながらこれは現金で保有しているのではなく、孫さんは自身が創業者である巨大企業グループを統括する企業の株式を保有しているのです。

孫さんが所有している財産の総額の有力な手掛かりの一つとなるのは、アメリカの経済紙が発表している長者番付です。

フォーブス

この経済紙は毎年日本人に限定した長者番付を発表していて、2022年に発表された番付では、孫さんは3位にランキングされました。ちなみに、この経済紙が発表している長者番付の2021年のナンバー1は孫さんでした。

この経済紙によると、孫さんが所有している財産の総額はおよそ2兆7000億円です。理解できないくらいの額ですね。ですが、驚くべきことは孫さんがその前年に所有していた財産の総額はさらに多かったことです。

2021年に発表されたこの経済紙の長者番付によると、この年に孫さんはおよそ4兆8000億円の財産を所有していました。

2022年に孫さんが所有している財産の総額は、前年のおよそ半分程度なのでこの1年の間に孫さんは自身の財産を大きく減らしたことになります。なぜたった1年間で2兆円以上も資産が減ったのかは様々な要因がありますが、わかりやすいのは円安ドル高の影響が考えられます。

孫正義

それでも2兆円を超える財産を現在でも所有していると考えられている孫正義さんは、間違いなく日本でも有数の多額の資産を所有しているビジネスマンの一人です。

ソフトバンクグループの株価

孫正義さんが持っているこの企業の株式は非常に多く、全体の25パーセント以上の株式を個人で持っています。数にすると4億株を超えています。

ソフトバンクグループ

2022年の夏においてこの会社の株式の価格は5500円程度であったことから、この時に孫さんが所有していた株式の価値の合計は、2兆円以上であったことがわかります。これは個人の資産としては非常に多い金額で、日本の自治体の中には、彼が所有している株式の価値よりも予算の規模が少ない自治体が数多くあるでしょう。

株の配当だけでも数百億!

株式以外のものも多く所有しているために、孫正義さんの総資産は実際にはそれより遥かに多いと考えられています。

そのように考えることができる根拠の一つは、孫さんが毎年受け取ることができる配当金です。企業の株式を所有していれば、毎年企業から配当金を受け取ることができますが、孫さんが毎年受け取っている配当の金額も非常に多いものと推測できます。

2022年に孫正義さんが所有している企業グループは1株あたり44円の配当を支払ったので、4億株を超える株式を所有している孫さんが獲得した配当は200億円を超えることになります。

王貞治・孫正義

それ以外にも孫さんはさまざまな収入があると考えられているので、それらの収入を合計すれば1年間にさらに多くの収入を獲得していることになります。

なぜ多くの資産を築き上げきれたのか?

孫さんがこれほど多くの財産を個人で所有することができたのは、若いころから数多くの事業を成功させてきたからです。

孫正義の若い頃

孫さんは10代の頃にアメリカに留学した経験があり、アメリカでは自動翻訳機を企業に売却して多くの資金を獲得しました。

その後も孫正義さんは数多くの事業を成功させ、現在のような日本でも有数の資産家になりました。

そんな孫正義の今後にも期待です。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。