滝川クリステル・小泉進次郎

小泉進次郎と滝川クリステルが離婚!?きっかけはビーガンだった…

“小泉進次郎さんが自宅に帰らない日が増えることも…”

不思議な発言から政治家という枠を超えて高い人気を誇る小泉進次郎さんですが、妻の滝川クリステルさんとの間に起こった食の違いをきっかけに、離婚危機に陥っていたことがあるらしいです。

別居にも発展したという大きなすれ違いですが、具体的にはどのようなことが発端となってしまったのでしょうか?

この記事では、小泉進次郎さんと滝川クリステルさんの離婚危機について掘り下げていきます。きっかけになったとされるビーガンについても詳しく解説していくため、よく理解ができるのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

きっかけは滝川クリステルのビーガン強要

今回の離婚危機騒動のきっかけとしては、滝川クリステルさんが小泉進次郎さんにビーガンを強要したことではないかといわれています。食の違いは夫婦が共同生活を送るうえで亀裂が入りやすいこととされており、今回も例に漏れず別居問題にまで発展してしまいました。

滝川クリステルが別居

食の違いが発生してしまうと、食卓を囲むことすら苦痛に感じることでしょう。

滝川クリステルさんが熱中したビーガンとはどういったものなのか、以下で解説していきます。

ビーガンとはどんな習慣?

ビーガンとは、簡単にいうと極端な菜食主義のことを指します。

ビーガンとは?

肉や魚だけでなく卵や乳製品も含めた動物性食品の一切を避けた食生活をするために、動物愛護活動に力を入れていた滝川クリステルさんがハマる結果となってしまったのです。

動物性タンパク質には必須アミノ酸9種類が含まれているといわれています。それを野菜で補うことは厳しいとされているため、ビーガンは健康法というよりも思想観念に近いものであるということがいえるでしょう。

対する小泉進次郎は肉好き

これに対し、小泉進次郎さんは大の肉好きであるとされています。

小泉進次郎

そんな小泉進次郎さんが仕事で疲れて帰ってきた際、食卓には野菜しかないといった状況だったらどうでしょう。好物の肉もないとなると、食べる楽しみも失われていってしまうのではないでしょうか?

そのような菜食主義が毎日のように押し付けられては、小泉進次郎さんが自宅に帰らない日が増えることも仕方ないことといえるでしょう。

滝川クリステルさんのビーガン主義に嫌気が指したとされる小泉進次郎さんは、連日会食の予定を入れ、議員宿舎にて寝泊まりをする結果となりました。

さらには教育方針にすれ違いも

騒動はこれだけに収まらず、2人の教育方針が食い違ってしまったことがさらに波乱を呼ぶ流れとなり、離婚危機の騒ぎに発展したとされています。

滝川クリステルさんは、都内で有名であるとされる幼児教室に息子を通わせ、「国際社会で活躍するリーダーの育成」に力を入れているといいます。政治家として欠かせないあらゆる語学を仕込むため、幼児教育に通わせているのだといえるでしょう。

滝川クリステルと子供

一方で小泉進次郎さんとしては、自分が苦手としている英語を中心とした教育を託したいのだといいます。あらゆる語学を身につけるのではなく、基本となる英語から先に身につけてほしいと考えていることでしょう。小泉進次郎さんの文法もデタラメであるため、息子に託したい気持ちが大きいのかもしれません。

関連記事

離婚騒ぎはビーガン強要がきっかけだった

ここまで、小泉進次郎さんと滝川クリステルさんの離婚危機騒動について、きっかけとなったビーガンから詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

滝川クリステルさんのビーガン主義の押し付けが強かったことで、思わず小泉進次郎さんに同情してしまったという人も多いのではないでしょうか。お互いの好みを大切にした食卓作りがしたいと思わされたことでしょう。

ぜひ、この記事を参考に、小泉進次郎さん滝川クリステルさん夫妻についての理解を深めてみてください。今後の2人の活動にも目が離せないですね。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。