岡田斗司夫って何をしている人?どんな人?

“不倫関係になってしまい、その女性が岡田斗司夫と…”

おしゃべり岡田斗司夫メーカーやサイコパスおじさんとも言われて何かと話題の岡田斗司夫さん。ユーチューブなどの動画で彼を見かけた事がある方も多いかと思われます。

そんな岡田斗司夫さんは何をしている人でどんな人なのでしょうか?

今回は岡田斗司夫さんってどんな人なのかまとめてみました。

岡田斗司夫ってどんな人?

岡田斗司夫氏は、1958年(昭和33年)7月1日生まれで大阪府大阪市出身。株式会社オタキングや株式会社クラウドシティの代表取締役、日本のプロデューサーや評論家、文筆家や実業家など色々な顔を持つ人物です。ここでは、岡田斗司夫がどんな人なのか綴って行くことにします。

名前(斗司夫)の由来

岡田斗司夫は、1958年7月1日に大阪市住吉区で暮らす岡田家の長男として生まれた。お姉さんがいるので一男一女の第二子として誕生したことになります。

斗司夫の名前は、斗(闘い)を司(司る)夫(ますらお)の意味でつけられたようです。

現在でも、名前の意味を一生懸命考える人も多々いますが、中には好きな芸能人の名をつけるなどのケースもあるなど様々ですね。でも、昔はこのように子供の将来を考えて名をつけるケースが多かったのが特徴です。

岡田斗司夫の若い頃

天才は幼少期から

1963年になると幼稚園に通うようになりますが、幼稚園2年目で漢字が読めるようになり、幼稚園に通うことは無意味だと本人から主張して翌年の1964年に退園したといいます。

幼少期に学校で受けた知能検査では、知能指数が148以上あるなど、頭が良いのだから宿題などは時間の無駄になる、このようなことから以降の勉強を放棄するなど幼稚園時代から岡田斗司夫は普通の子どもとは違った面があったわけです。

幼少期は貧しかった…

このころの岡田家の家計はかなり苦しい状況に陥っており、ごはんのおかずというと、きな粉、長屋には同じような家族が3家族暮らしていたようです。長屋の生活、これも昭和の時代を象徴するものですが、現代ではありえない風景がそこには存在してたことでしょう。

中学になると…

中学生になると、友達から機材を借りて自主短編映画を撮影して学校で上映するようになる。このころはSF作家になることを夢見ていて知恵およびアイディアは大量に持っていたけれども、それを形にするのは別の才能であることを悟りました。

お父さんとお母さんはどんな人?

このように幼少期から小学生までの時代がどんな人なのか分かったかと思われますが、岡田斗司夫のお父さんは学校の先生、お母さんは刺繍の内職の仕事をしていましたやがてお母さんの刺繍の仕事が順調になると仕事を事業としてスタートし、有限会社岡田刺繍を設立。これに伴いお父さんは先生を辞めて会社の社長に就任。

お父さんと岡田斗司夫はUFOなどが好きで、いつもUFO関連の本を読んでいたといいます。当時万国博覧会が開催されていて、化学や物理方面に対して明るい子どもになりお父さんと空想上の乗り物に利用する内燃機関についてそれぞれが知恵を出し合っていたそう。

岡田斗司夫のUFO論

東京進出のきっかけは?

大阪時代の岡田斗司夫は、SFや特撮・アニメ関連グッズの製造販売行う『ゼネラルプロダクツ』を開店。しかしそこに努めていた女性従業員と不倫関係になってしまい、その女性が岡田斗司夫との関係に悩み人に相談したことから2人の関係が発覚。当時は今ほど不倫に関して世間は寛大ではなく、周囲から軽蔑するなどのように非難されました。

岡田斗司夫の流出画像

これにより岡田斗司夫は大阪にいることができなくなったので、当時大阪での活動に限界を感じていた山賀博之氏とともに東京へ進出、1984年にはアニメ制作会社の『ガイナックス』を立ち上げて代表取締役に就任しました。

結婚は?子供は?

なお、岡田斗司夫は1981年に中学の同級生の和美さんという女性と結婚、1989年には長女が誕生しましたが1999年に離婚しています。離婚の原因は「子供が成長して婚姻関係を続ける意味がなくなった」

岡田斗司夫結婚は?

子どもには離婚のことを伝えてなく、離婚した後も家族で食事に出かけるなど、娘さんはしばらくの間は離婚していることに気が付かなったようで、両親が自分に無断で離婚していた事をあとで知った娘は激怒し、両親に詰め寄ってきたなど岡田斗司夫はこの頃の事を有名なのエピソードとして語っていました。

元奥さんは秋田県出身で、現在は実家で娘さんや両親と暮らしているといいます。

岡田斗司夫はどんな人でしたか?

今回はユーチューブなどで話題の岡田斗司夫についてまとめてみました。

岡田さんのチャンネルでは、視聴者からの悩み質問などに的をえた回答が話題となってます。気になる方は是非一度見てみてください。色々と参考になるかと思います。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。