国会

【3分でわかりやすく】政治家とは?

“国民からの信頼と支持が鍵を握ると…”

「政治家って実際誰のことを指しているの?」「市長という存在は政治家なのか?公務員なのか?」「政治家は主に何どんなことをしている人がいるの?」

という疑問を持ってはいませんか?

政治家と聞いて、どんな仕事をしている人たちなのか、すぐ答えられるという人は、あまり多くいないのではないでしょうか。また、政治家と公務員の曖昧な境界線はどこにあるのでしょうか?

そこで、この記事では政治家とはどのような人たちのことを指すのかわかりやすく解説していきます。

もし、子供に聞かれた際などには以下の記事を読むことで、簡潔でわかりやすく応えられるかと思います。政治に関する用語は、難しい内容であることが多いため、ぜひ参考にしてみてください。

政治家とは政治を行う人のこと

政治家とは、国や都道府県といった決められた範囲に属する集団を引っ張る、リーダーのような存在のことを指します。

国民や市民が安心できるといえる街や暮らしを作るために、数々の政策を打ち出し、実行に移していくことが主な仕事であるといえるでしょう。

要望があった場合には、それを叶えるためにどうしたら良いか、話し合いを重ねることもあります。その結果、法律や条例が改善されたり、新たに追加されたりすることもありますし、道路や水道が整備されることもあります。

限られた集団の中では、政治家が1番大きな権力を持っており、その他の人々を従わせることが可能となります。

[sitecard subtitle=関連記事

政治家にはどんな種類がある?

具体的に、政治家といえば、どのような人たちのことを思い浮かべるでしょうか。総理大臣や国務大臣、国会議員はもちろんのこと、市長や村長、知事、地方議会議員などもこれにあたるといえます。

これらは、選挙によって選ばれ、国や市の代表であるといえる人たちです。

選挙

年齢から見ると、衆議院議員では満25歳から、参議院議員では満30歳からの人が候補となり得ます。

その他、地方議会議員や知事の立候補に関しても、満25歳からの許可がされています。また、選挙で選ぶ側になるには、満20歳という条件がありましたが、近日の条例の改定を受け、満18歳からの参加が可能であると変更されました。

政治家の役割

では、政治家が担う役割には実際にどのようなものがあるのでしょうか?

政治では、主に税金と呼ばれる金銭が事ある毎に大きく動かされています。政治においては何をするにも税金の存在が不可欠です。そして、政治家はその税金の使い道を定めることを主な役割として持っています。

税金

国民から一定数集めた税金を、どのようなものにどの程度使っていくのか、政治家たちは、会議を開き話し合うことで決定していきます。ときには陳情を聞いたり集会に参加することでさらに多くの人の意見を反映させた政策を編み出していきます。

このように大きく重要な判断を任されるのが、政治家という存在であるといえます。国民からの信頼と支持が鍵を握るといえる役職なのではないでしょうか。

まとめ

ここまで、政治家とはどういった人たちのことを指すのか、わかりやすくまとめました。国の中心人物たちとなる政治家という存在がどのような権力を持ち、どのような仕事を担っているのか理解することができたのではないでしょうか。

政治家とは

自分たちが納税したお金を操作することができるのが政治家です。大切な税金を無駄遣いさせることがないようにするためにも、ぜひこの記事を参考にして今後も政治に対する関心を持って行動していきましょう。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。