政治家の給料はなぜ高い

年間いくらなの?政治家の給料が高い理由3つ

“高額に感じていた政治家の給料ですが…”

「政治家の給料って高すぎない?いくら?」「給料はいったい何に使われている?」「なぜ政治家の給料はみんな高額なの?」

と気になっている人も多いのではないでしょうか?

居眠り議員が目立つ国会の中継を見ていると、なぜ高額な給料が支払われているのか疑問に思いますよね。本当に適切な額なのか疑わしいものです。

そこで、今回は政治家の給料が高い理由を3つまとめてみました。この記事を読むことで、政治家の給料が高額である所以を理解することができるでしょう。疑問を解決するためにもぜひ参考にしてみてください。

政治家の給料は年間いくら?

まず、政治家の人々には、どの程度の給料が支払われているのでしょうか?

実は国会議員であるというだけで、平均年収2200万円が支給されているといわれています。

月額約130万円を12ヶ月分で年間約1560万円。さらに期末手当というボーナスがあり、任期や当選回数にもよりますが、約500万円から640万円ほどは上乗せされることでしょう。しかし、常にこれら全額が手元に入るといったわけではないようです。

どういう事でしょう?

政治家の給料が高い理由3選

では、政治家の給料はこんなにも高額になっている理由として、どのようなことが挙げられるのか大きく3つにわけられる目的を解説していきます。

以下の記事を読むことで、政治家の給料が高い理由が理解できるかと思われます。ぜひ参考にしてみてください。

1.選挙活動費として

1つ目に挙げられるのは、選挙活動費です。

実は、選挙に出馬するだけで、かなりの額のお金が動くことになるということを知っていたでしょうか。参議院議員である山本太郎さんの発言によると、選挙に出馬するとなれば約2000万円前後が必要になるとされています。

費用の内訳としては、主にポスターやビラといった広告関係が大半を占めており、他には選挙カーやチラシの配布に関連した人件費などが挙げられます。1人立候補するだけで、非常に大きな金額が動くことになるといえるでしょう。

都知事選の場合は1億円以上かかったとか…

2.事務所費用や人件費として

2つ目には、事務所費用や人件費が挙げられます。

国会議員になると、政治活動を積極的に行っていくためにも、事務所を構えることが必要となります。そこでお金がかかのが事務所費用や人件費です。

事務所を借りるためには当然費用がかかりますし、事務員や秘書、アルバイト採用すると人件費もかかります。

選挙事務所

秘書に関しては、国から3人分まで「秘書雇用手当」が支給されるものの、秘書以外のスタッフにおいては、自らの給料から支払う必要があります。人数にもよりますが20人前後のスタッフがいる事務所もあり、1人年間300万円としても合計でかなりの額が差し引かれることになるのではないでしょうか。

3.文書通信交通滞在費が足りなくて

他には、文書通信交通滞在費が足りない場合、自身の給料から引き出すことが求められます。

文書通信交通滞在費とは・・・

かつて国会議員に月100万円支給されていたお金です。

国会議員のお給料(歳費)はボーナスを合わせて年2180万円。それとは別に月100万円もらえる手当のようなお金が文書通信交通滞在費です。略して「文通費」と呼ばれます。

文通費は何に使うお金なのでしょうか?

実は、文通費は政治活動を支える経費として、領収書の提出なく使えるお金なのです。「公の書類を発送し及び公の性質を有する通信をなす等のため(歳費法第9条)」と目的が定められてはいますが、使い道を公表する必要がない以上、私的にも使えてしまうのですね。

ちなみに、なぜ「かつて」と表現したかというと、文通費は国会での議論を経て「調査研究広報滞在費」と名前を変えたからです。

あらかじめ、100万円が支給されているという文書通信交通滞在費ですが、真面目に活躍している国会議員にとって、100万円という額は少ないとされています。毎回、全額使い切ってしまうという国会議員も少なくないでしょう。

そう考えると、平均年収2200万円という額は、国会議員にとって最低限を支えるものでしかないように見えてきます。多くの地域に出向き、頻繁に活動を重ねている国会議員にはむしろ足りないと感じる額かもしれません。

まとめ

ここまで、政治家の給料が高い理由について、3つ解説してきました。高額に感じていた政治家の給料ですが、蓋を開けてみると意外と手元に残るお金は少なく感じるのではないでしょうか。

この記事を読んだことで、政治家の給料に関する見方が変わったことでしょう。高額だと感じていた意識に変化が見られたのではないでしょうか。

今後は政治家の活動に関する理解を深めてみてもいいかもしれません。

今回も最後までご覧頂き有難うございました。