是枝裕和の特徴

是枝裕和作品の特徴と言えば?家族をテーマに描かれる演出の裏側を公開!

「是枝裕和といえばどんな作品があるんだろう?」
「是枝裕和の映画って特徴的だよね!」
「是枝裕和の作品についてもっと知りたい!」

カンヌ国際映画祭のパルム・ドールや日本アカデミー賞最優秀監督賞、ブルーリボン賞に至るまで数々の受賞歴を残してきた有名映画監督といえば、是枝裕和さんですよね。

どんな作品があるのか、その特徴が知りたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では是枝裕和さんの作品の特徴について詳しく解説していきます。これから是枝裕和さんのことを知りたい方や、是枝裕和さんに関する知識を深めたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね!

是枝裕和作品といえば『家族』

映画を語る是枝裕和

是枝裕和さんの映画作品といえば、大きなテーマに『家族』があります。心に訴えかけるようなリアリティ溢れる作品たちは、その多くに『家族』という存在を絡めています。アクション映画のスピード感や迫力あるCGなどは一切なく、人間らしさを鮮明に映し出していますよね!

演技ではなく素の表情を引き出すために、プロ演者ではなく素人を起用したこともあったといいます。細部にこだわるからこそ、繊細な人間味を伝えられるのでしょう。

是枝裕和さんの作品は考えさせられますし、心にグッときますよね!撮影では、口でシーン内容を事細かに伝えるのではなく、大枠だけ言葉にして後は自由に動いてもらうという手法をとっているそうです。繊細な心の動きを映せるよう、工夫されているんですね!

撮影前日に脚本を手直しするほどの作り込み

是枝裕和さんは、よく撮影前日にも脚本を手直しするといいます。かなり作り込んでいますよね!また、撮影前にはキャスト同士で打ち解けられるよう、共同作業をさせることもあるといいます。その様子を撮影していることもあるそうですよ!

例えば、映画『万引き家族』では、キャスト同士の仲を深めるために「海で遊んできてください」という指示のもと一応撮影していた場面が実際に使われています。

是枝裕和『万引き家族』

思いがけず良いシーンが撮れるかもしれないと、どの瞬間も見逃さないこだわりが伝わりますね!後の良いシーンにも繋がりますし、アイスブレイクを念の為撮影しておくという手段は、よく考え抜かれた作戦だと思います。

フィルムを使用した抜群の映像美

こだわりの目が強い是枝裕和

是枝裕和さんの映画は、フィルムを使用した美しい映像も特徴的です。

デジタルで撮影したシーンも、後からフィルム風で出力しているそうですよ!映像の色味にかなりのこだわりが感じられます。是枝裕和さんの作品に欠かせない演者の表情は、フィルムを使用するからこそ抜群の美しさと繊細さを映し出しているのでしょう。

是枝裕和の撮影風景

是枝裕和さんがよく表現する日常のリアリティと節々に見られる美しさは、フィルムの活きの良さがよく反映しているものだと思います。落ち着く、またはどこか懐かしい雰囲気がありますよね!普段よく目にしているような親近感を感じやすくなるため、より良く人間味が伝わる作品となるのでしょう。

是枝裕和作品は鮮明に描かれる家族愛が特徴!

是枝裕和さんの映画作品の特徴といえば、フィルムによって映し出される美しい映像で鮮明に描かれる家族愛だということがわかりました。

天才的な是枝裕和

いかがだったでしょうか?是枝裕和さんの作風についてよく知れたと思います。

どれも家族に関するリアリティがよく追求されていますし、心に訴えかけてくる演出が本当に得意な映画監督ですよね!その多面的な表現は、いくつもの賞を獲得するのに相応しいものだといえます。

今後の是枝裕和さんの作品にも期待したいですね!より深く映画を楽しむこともできるでしょう。ぜひこの記事を参考に、これからの是枝裕和さんにも注目してみてください!