河野太郎の英語力

河野太郎の英語力が凄い!直伝のおすすめ勉強法は?

“たった1時間半で終えることができるため、効率的に英語の勉強が…”

近年、デジタル大臣に任命されたことでさらなる活躍を見せている河野太郎さんですが、英語力が非常に高いということを知っているでしょうか?

BBCニュースによるインタビューでは、流暢で発音の良い英会話を披露したことで、世間の話題となりました。意外にも使いこなせている河野太郎さんの英語力に驚いた人も多かったことでしょう。

そこで、この記事では河野太郎さんの英語力について解説していきます。河野太郎さん直伝の勉強法も紹介していくため、どれほどの実力を持っているのか気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

河野太郎の英語力がずば抜けている

河野太郎の英語力といえば、非常に高いことで度々話題となっています。

財経新聞のオンライン記事では、「日本育ちなのに英語がペラペラな有名人7名」のうちの1人として紹介されていたほどです。「アカデミックな英会話も無難にこなす」として高い評価を得ていました。

また、コメンテーターのケビン・クローンさんによると、河野太郎さんの英語は米国発音に近く、いちばん聞き取りやすいとして88点という高得点を獲得していました。

ジョークを披露する姿も

河野太郎さんは、その英語力の高さから軽いジョークまで披露していました。

アメリカのワシントンにおける政策研究機関「戦略国際問題研究所」で講演した際には、シンプルな英語を使いこなし、誰にでも伝わりやすいジョークが披露され、会場を爆笑の渦につつんだのは有名なはなし。

河野太郎

米ワシントンのシンクタンクで講演した際、「去年は外相、今年は防衛相としてワシントンに来た。来年は首相としてかもしれない」と述べ、会場の笑いを誘う一幕があった。

海外メディアの会見においても、河野太郎さんは基本的に台本なし。その英語力の高さには、まるで英会話CDを聴いているようだという声も挙がってるほどです。

非常に流暢で器用な英会話をこなすことができ、外交政治家としても有能であることがわかるのではないでしょうか。

大学で猛特訓

しかし、そんな河野太郎さんも初めは全く英語を話すことができませんでした。慶応大学を6月に中退した後、サマースクールに通うものの言葉が聞き取れず、初日は食事をとることができなかったといいます。

その後、サフィールドアカデミーに編入して1年間勉強し、ワシントンのジョージタウン大学に入学を果たします。

そこで出会ったのが、恩師となるオルブライト元国務長官です。厳しくも積極的な鍛錬を受けたことで、河野太郎さんの英語力が大きく磨かれたといえるでしょう。

河野太郎直伝の勉強法とは?

河野太郎さんは、自らの勉強法を編み出したことで英語力を高めることができたとされています。

自分に合った勉強法を突き詰めることで、効率的に英語を身に付けることができるといえるでしょう。では、その勉強法とはどのようなものなのでしょうか?

河野太郎が実践した英語の勉強法は、ファミリータイズというドラマのDVDを3回繰り返して見ることだそうです。字幕無しで1周し、字幕付きでもう1周、さらに内容がわかったところでもう1周するのだといいます。

ファミリータイズ

反復練習の応用ともいえるこの方法は、たった1時間半で終えることができるため、効率的に英語の勉強ができるのではないでしょうか。ぜひ試してみてください。

河野太郎は高い英語力を持っていた

ここまで、河野太郎さんの英語力の高さと直伝の勉強法について解説していきましたが、いかがだったでしょうか。河野太郎さんが素晴らしい英語力の持ち主だということがわかったでしょう。

河野太郎の外交

現在では流暢に話すことができる河野太郎さんですが、初めは聞き取ることすらできないほどに英語が苦手だったのだようですね。

ぜひ、この記事を参考に英語力を高めてみてはいかがでしょうか。河野太郎さんの勉強法を取り入れることで、留学経験がなくても高い英語力を身に付けることができるかもしれません。

今回も最後までご覧頂き有難う御座いました。