真木よう子ってどんな人?芸能界入りのため援交で父親を脅した?

数々のドラマや映画で活躍中の女優・真木よう子さんはどんな人なのでしょうか?

彼女の名前を聞いたことがある人は多くても、彼女の生い立ちや、なぜ芸能界入りすることになったのかなどを知らない人は意外と多いでしょう。

そこで今回は、真木よう子さんはどんな人なのか?プロフィールふくめ生い立ちについて調べてみました。

真木よう子はどんな人?

真木よう子さんのプロフィールについてまとめてみました。

・名前:真木よう子
・生年月日: 1982年10月15日(2024年時点で41歳)
・出身地:千葉県印西市
・職業:女優/歌手
・身長:160センチ
・血液型:A型
・所属事務所:そよかぜ所属(レプロエンタテインメントとマネジメント契約)

真木よう子さんは、1982年10月15日に千葉県印西市で生まれました。4人兄弟で唯一の娘であったこともあり、自他共に認める”男っぽい性格”なんだそうです。その性格が公に現れてしまったエピソードとして、映画『ゆれる』のオーディションの際、控え室で待っていた真木よう子さんは、後から入ってきた可愛らしい女性に対して「きやがったな。この野郎!!」っと一言。しかし控え室に入ってきた可愛らしい女性とは、当映画の監督・西川美和だったそうで、当時はかなり恥ずかしい思いをしたと話してました。

真木よう子

また、仲の良い友人として”大久保佳代子さん”があげられるが、彼女は真木よう子さんに対して「まぁ確かに近寄りがたい雰囲気はあるが、実はとてもチャーミングな子よ」っと語っていました。

仲良い友人にしか見せない、真木よう子さんの可愛らしい部分があるのでしょう。

ちなみに真木よう子さんが所属する「そよかぜ」は、彼女の家族が経営していて、彼女の弟さんがマネージャーを勤めているそうです。

真木よう子が芸能界入りしたきっかけは?

真木よう子さんが芸能界りしようと思ったきっかけは、当時彼女が小学5年生の時に鑑賞した、安達祐実さん主演『REX 恐竜物語』の影響でした。

REX 恐竜物語

自分と同世代の安達祐実がキラキラ輝いている姿を観た真木よう子さんは、「自分も芸能界に入って輝きたい!」っと強く思ったんだそうです。

そして中学3年生の頃、両親に『無名塾』入りと芸能界入りを相談したが父親からは猛反対。それでも芸能界入りを諦めきれなった真木よう子さんは、「芸能界入りを反対するなら、私、援助交際してやる!!」っと父親を脅したと言います。さすがにそんな脅しが来るとは思っていなかった父親は負け、娘の芸能界入りの許可を与えてくれたと話していました。

真木よう子の若い頃

真木よう子はどんな人?日本を代表とする演技派女優である

今回は、女優・真木よう子さんとはどんな人なのか?どうやって芸能界入りしたのか?について解説させていただきました。まとめると以下のようになります。

・真木よう子は4人兄弟の唯一の娘として生まれた

・そのため性格が男っぽいと言われる

・仲の良い友人に大久保佳代子があげられる

・真木よう子が芸能界入りするきっかけは安達祐実の『EX 恐竜物語』の影響

数々のドラマや映画で活躍している真木よう子さん。父親を脅してまで芸能界入りしたことに関してはとても驚きましたが、それだけ芸能界に入りたいっという強い思いがあったのでしょう。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。