デヴィ夫人はなに人なのか

デヴィ夫人ってなに人なの?国籍を変えたってホント?

豪華な衣装を美しく着こなし、元大統領の夫人として堂々とテレビに出演されているデヴィ夫人。しかし最近ではバラエティ番組にも出演され、ホントに元大統領の夫人なのかと疑いたくなるほど、体を張る姿が印象的です。

この姿が原因で、若者からは芸人なのかと疑われ、彼女の本来の姿を知らない人が増えてきています。そもそもデヴィ夫人がなに人なのか、知らない人もいるようで・・・。

そこで今回は、意外と知られていないデヴィ夫人の情報をまとめてみました!

デヴィ夫人に対するネットからの疑問の声

バラエティ番組に出演される機会が増え、視聴者からは「そもそもデヴィ夫人ってナニモノなのか?」と疑問を持つ人が増えてきています。

デヴィ夫人がナニモノか分からない

つなぎ姿のデヴィ夫人

たしかに最近のデヴィ夫人は、コスプレ姿を披露したりつなぎ姿で登場したりと、端から見れば「え?お笑いの人?」「”夫人”って付くけどその様子が全くない」と思いますよね。

でも本当は元大統領の夫人であり、世界的にも有名な方なんです。果たして、彼女は一体ナニモノなのでしょうか?デヴィ夫人のプロフィールについて紹介していきたいと思います。

デヴィ夫人は元インドネシア大統領の夫人である

デヴィ夫人は、かつて初代インドネシア大統領であったスカルノ元大統領の第3夫人です。インドネシアのイスラム教徒では、一夫多妻制が認められているため、「第3夫人」と呼ばれています。

スカルノ大統領とデヴィ夫人

大統領との馴れ初めは?

スカルノ大統領との馴れ初めは、かつてデヴィ夫人が高級クラブ「コパカバーナ」で働いていた時、当時インドネシアと巨額のビジネス関係にあった貿易会社のメンバーが、彼女の美貌に見初めたことがきっかけです。

若い頃のデヴィ夫人の美貌がヤバい

そして彼女が19歳の時、インドネシアの開発援助のためにスカルノ大統領の元へ送り込まれ、数年間は大統領の愛人の1人となっていましたが、デヴィ夫人の真面目な性格が認められ、正式に結婚を発表。なんと歳の差38歳というかなり離れた歳の差婚として反響を呼びました。

ちなみに当時はまだ日本国籍を捨ててはいかなったそうですが、22歳の時に母親と弟を亡くしたことを機に、国籍をインドネシアに変えたそうです。

結婚は1959年、19歳の時にイスラム教にのっとってしたんですけど、そのころはまだ母と弟が生きていたので、日本国籍を捨てないでいたんです。でも、母と弟が22の時に亡くなりまして、もう日本国民でいる理由はないわ、神様の啓示だわ、自由の身になって大統領だけに尽くしなさい、って言われたと思って、インドネシア国籍に変えたんです。その時に「根本七保子」から「ラトナ・サヴィ・デヴィ(宝石の聖なる女神)」という名前をいただきました。インドのサンスクリット語なんですけどね。

つまり、実質デヴィ夫人の国籍は「インドネシア」ということになりますね。

デヴィ夫人のプロフィール

では、デヴィ夫人のプロフィールについてまとめてみました。

・名前:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
・日本名:根本 七保子(ねもと なおこ)
・生年月日:1940年2月6日
・身長:159cm
・血液型:A型

デヴィ夫人は、NPO法人アースエイドソサエティの総裁であり、また株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役でもあります。2019年7月からはYouTuberとしても活動しており、芸能人とのコラボ動画や、彼女の幼少期を紹介する動画などが投稿されています。

今後も楽しい動画が投稿されるようですね。楽しみに待っていましょう。

デヴィ夫人はなに人?現在はインドネシア人である

今回は、元スカルノ大統領の夫人であるデヴィ夫人はなに人なのか?彼女のプロフィールを紹介させていただきました。まとめると以下のようになります。

・デヴィ夫人とスカルノ大統領とは38歳の年の差婚であった

・デヴィ夫人は母親と弟を亡くしたことを機に、国籍を日本からインドネシアへ移籍した

・現在はタレント、YouTuberとしても活動している

元々は日本国籍であったが、途中からインドネシアへ移籍したんですね。現在はバラエティ番組にも出演され、大活躍されているデヴィ夫人。今後、どのような姿を私たちに見せてくれるのでしょうか。楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。