ホリエモンの元妻は?

ホリエモンの元妻は秋田出身?離婚理由は死別なのか?

元ライブドア代表取締役社長の堀江貴文。結婚とは無縁のように感じますが、実は過去に1度結婚されすぐに離婚しています。そして、なんと元嫁との間には子供が1人いるようです。

一体どんな人と結婚し、なぜ離婚したのか?気になりますよね。

そこで今回は、日本の実業家で愛称「ホリエモン」と呼ばれている堀江貴文の元嫁について詳しく解説していこうと思います。

実はホリエモンは過去に結婚していた?

「ホリエモンは毒舌で有名」「結婚なんて無縁だろ」とネットで言われていましたが、実は1度結婚されています。

独身貴族を貫いているのかと思いきや・・・これは驚きですね。

ホリエモン結婚

ホリエモンは1999年、自身の会社で一緒に働いていたとある女性と結婚しました。

ホリエモンといえば“結婚に対してかなり否定的な考えをもつ人物”で有名なので、結婚報道が出た当時は日本中が驚いたことでしょう。

彼と結婚を運ぶことになった”とある女性”とは・・・・?この謎については次で説明していきます。

ホリエモンの元妻は誰?出身は秋田県?

ホリエモンと結婚に至った”とある女性”。情報だと有馬あきこ?と言われています

有馬あきこ

有馬あきこについて、あまりご存知でない方も多いでしょう。彼女のプロフィールについてまとめてみました。

・名前:有馬あきこ
・本名:有馬晶子
・生年月日:1975年12月15日

1996年、有馬あきことホリエモン2人で『有限会社オン・ザ・エッヂ』(後のライブドア)を設立しています。

有限会社オン・ザ・エッヂの開業資金として、ホリエモンと同じく起業家として働いていた有馬あきこの父親から、600万円出資され、彼女は無事取締役に就任。しかし双方の経営方針の異なりから、有馬あきこは有限会社オン・ザ・エッヂを退社し、2年後『クリアキューブ』という会社を設立しています。

ネットでは「ホリエモンの元嫁は有馬あきこだ」と言われていますが、実はココは大きな間違いです。実はホリエモンの女性関係はかなり酷く、有馬あきことは別の女性(本来の元嫁)とで三角関係を作っていました。

元嫁の妊娠が分かったのにも関わらず、ホリエモンは有馬あきこと交際を続けていたそうです。ヤバいですよね…つまり「ホリエモンには子供がいる!」の”子供”とは、有馬あきことの子供ではなく、元嫁との子供だということになります。

有馬あきこと交際しながらも、新しく入ってきた部下(元嫁)に手をだし子供を授かったそうですね。なんとも酷いお話・・・。

堀江貴文(ホリエモン)の元嫁結婚相手は有馬あきこで子供は何歳?離婚原因や死別の真相は? | 太郎が知っている話

ちなみに授かった子供について、ネットには詳しい情報は書かれていません。

おそらく既に成人を超えているのだとか・・・?「天才脳」であるホリエモンの遺伝を受け継いでいるのでしょうか・・?またその子供は「父親があのホリエモンである」とは知らないそうです。ココも驚きました。

元嫁が隠しているのか、ホリエモンが口止めをしたのかは分かりませんが、自分の父親の正体を知らせてくれないのは子供からしてもちょっと可哀想ですよね。

現在、元嫁とその子供は、元嫁の出身地である秋田県に在住しているとのことです。

ホリエモンと元妻が離婚した理由は?

そんな女性関係が酷いホリエモン、やはり結婚は合わなかったのか元嫁とはわずか2年で離婚しています。

なぜ出所したホリエモンは別人になってしまったのか? |BEST TiMES(ベストタイムズ)

明確な離婚理由については分かりませんが、考えられる理由は「すれ違い」「価値観の違い」そしてホリエモンの「酷い女性関係」ではないかと言われています。

子育てをしてほしいと願う元嫁と、仕事で忙しいと怒るホリエモンとの間ですれ違いが生まれてしまったのですかね。また金銭面での価値観の違いがあったとも言われています。難しいですね・・・。

起業家として多忙なホリエモンにとって、結婚は難しいのでしょうか・・?それともまだまだ女性と遊びたいのでしょうか・・?彼の考えは分かりません(笑)

ホリエモンの元嫁は秋田出身で確定!

今回は、日本の実業家であり元ライブドアの社長であるホリエモンの元嫁について紹介しました。

ホリエモンが結婚していたなんて、驚きですよね。私もびっくりしました。そして子供も授かっていただなんて・・・。

ネットでは「有馬あきこが元嫁」といわれていますが、実は別の女性が元嫁だと分かりました。離婚した理由は定かではありませんが、ホリエモンの女遊びが原因も考えられる所がちょっとマイナスですよね。

元嫁については秋田出身で、現在は地元秋田で子供と暮らしているようです。今後、新しい情報が入りましたら追記していこうと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!