出川哲朗の父親

出川哲朗の父親は事業失敗で失踪?58歳没の死因は糖尿病?それとも…

「出川哲朗の父親って亡くなっているの?」
「出川哲朗の家庭って58歳でみんな亡くなってるらしい…呪い?」
「出川哲朗も糖尿病だったりする?」

テレビ番組『イッテQ』をはじめとしたバラエティ枠に引っ張りだこな人気芸人の出川哲朗さん。

出川さんと言えば父親の死因について謎が深まっているようです。実は、出川家は父親のみならず祖父までも58歳で亡くなっているんです。そのことから何か呪いがあるのではないか?…とも噂されるようになりました。

そこでこの記事では、出川哲朗さんの父親の死因を詳しく解説していきます。出川哲朗さんの父親はいったいどのような理由で亡くなったのか、気になる方はぜひチェックしてくださいね!

出川哲朗父親の死因は糖尿病

出川家

出川哲朗さんの父親の死因は糖尿病による合併症だったといわれています。なんと58歳という若さで亡くなりました。早すぎますよね!糖尿病の恐ろしさがわかります。ただでさえ発見が遅くなりやすい糖尿病は、血糖値が高い状態が続くことで失明や腎不全などの合併症を引き起こす恐ろしい病気です。例に漏れず、出川哲朗さんの父親も合併症が追い討ちをかけて亡くなったとされています。怖いですね…!

出川哲朗父親の死因

この悲報以降、出川哲朗さん自身も糖尿病に気をつけるようになりました。今では好物だったコーラを飲む機会を減らし、お茶を飲むように心がけるなど健康に気を使っているみたいですね!体型的にも糖尿病の危険が近いですし、良い習慣になるのではないでしょうか?出川哲朗さんも表に立つ身ですし、いつまでも健康でいたいですよね!

58歳で亡くなる出川家の呪いがあった?

出川哲朗

実は、出川哲朗さんの父親と祖父は2人とも58歳で亡くなっています。奇しくも同じ歳に亡くなっているんですね!このことから、出川家には58歳で亡くなる呪いがあるのではないか、、、などと囁かれてきました。

しかし、出川哲朗さんはもう58歳を超え、元気に活躍されています。出川家のターニングポイントは無事のりこえたということですね!健康に気を使うようになったことも幸いしているのでしょう。出川哲朗さん自身も「どんだけお金持ちになっても、有名になっても、健康じゃなければ意味がない」と公言していました。本当にその通りですよね!

出川哲朗の父親は失踪していた

海苔屋の父親

出川哲朗さんの父親は、糖尿病を患う前失踪していました。

横浜市にある出川哲朗さんの実家、海苔問屋「蔦金商店」を経営していた父親は、当初はかなり繁盛していた店だったようですが、調子に乗った父親はサイドビジネスに手を出し悲惨な結果を迎えたあげく、倒産寸前まで追い込まれることになりました。

出川哲朗の実家

事業に迷走した結果失敗してしまい、なんとか、社長の座を降りることで破滅は回避できたものの、そのまま父親は失踪します。

そして数年後、ひょっこり戻ってきた理由が糖尿病になったからだというものですから、凄い話ですよね!誰も怒らなかったのでしょうか?やはり、出川家は特殊なのかもしれません。

出川哲朗の父の死因は糖尿病だった!

健康に気を使い始めた出川哲朗

ここまで、出川哲朗さんの父親の死因に関して解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

出川哲朗さんの父親が亡くなった理由は糖尿病とそれに伴う合併症であることがわかりました。家業を継いだあげく、失敗・失踪して糖尿病になるなんて、凄い人生ですよね!とても濃いエピソードだったと思います。

いまやメディアで見かけない日はない人気芸人の出川哲朗さん、いつまでも健康でいて欲しいですよね!ぜひこの記事を参考に、今後の出川哲朗さんにも注目してみてくださいね!