加藤茶・前妻との子供は?

加藤茶と前妻・加藤鈴子の子供は3人!離婚理由はwで長女はテレビ出演あり

2011年に、45個も離れた妻・綾菜との再婚を発表した加藤茶。かつて彼は別の女性と結婚していましたが、当時も18個離れとなかなかの年の差婚でした。

そんな前妻との間には3人の子供が居り、なんと長女はテレビに出演された経験があるようですよ!一体どんな子なのでしょうか?

そもそも前妻と離婚した理由は、加藤茶の浮気だといわれていますが、これは事実なのでしょうか?

そこで今回は、加藤茶と前妻との出会いから馴れ初め、および子供の有無について解説させていただきます。

加藤茶の前妻は加藤鈴子!

1987年11月20日、加藤茶は加藤鈴子(旧姓:田前鈴子)と結婚しました。

加藤茶と元妻のと写真

加藤茶と元妻のと写真

結婚披露宴の様子は、同年11月21日に「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」で放送されたのですが、このときの視聴率が恐ろしい数字だったんです。なんと芸能人の結婚披露宴中継のなかで、歴代視聴率ランキング4位を飾る36.3%という記録でした・・・。

ちなみに第一位は、郷ひろみと二谷 友里恵との結婚披露宴中継の47.6%だそうです!

郷ひろみの結婚披露宴中継の視聴率は47.6%

当時の加藤茶の年齢は44歳、加藤鈴子の年齢は26歳と、これまた18歳の年の差だったんですね。再婚相手の綾菜も自分より45歳年下ですし、やっぱり加藤茶は年下の女性を好む傾向であることが分かります。

加藤茶と元妻

こちら、加藤茶と加藤鈴子のツーショット。写真を見ても分かる通り、加藤玲子が加藤茶に寄り添っている様子から、新婚らしいラブラブ感が感じられますよね。

加藤茶と前妻の馴れ初めは、きもの学院?

そもそも加藤茶と前妻・加藤鈴子はどこで知り合ったのでしょうか?

加藤鈴子は着物学院で働いた

実は加藤鈴子、婚前は「きもの学院」で講師をされていました。詳しい馴れ初めは明かされていませんが、加藤鈴子が着付師としてテレビ局に出入りしているうちに、どこかで加藤茶と知り合ったのかもしれません。

また加藤茶が、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」にて結婚披露宴中継を放送した理由は、この番組が2人を出会わせるキッカケとなった番組である可能性が高い、ともいわれています。

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ

加藤茶と前妻との子供は3人?

加藤茶と前妻との間には、3人の子供がいます。しかし3人とも一般の方ですので、詳しい情報は見つかりませんでした。

1987年9月に結婚、翌1988年4月に長男が誕生すると、1991年3月に長女を、1993年3月に次男を授かった。

どうやら長女・加藤文代は、過去にテレビ出演をされた経験があるようで、加藤茶と共演されたこともあります。

加藤茶と共演した娘

しかし、現在の活動状況は不明のままです。

加藤茶と前妻が離婚した理由は?

そんな仲良し夫婦だった加藤茶と前妻は、2003年3月1日に離婚を発表しました。16年もの結婚生活に、何があったのでしょうか?

詳しい離婚理由は分かりませんが、どうやら加藤茶の若い子大好き症から来る浮気が原因だといわれています。

若い子大好き”である加藤茶さんの度重なる浮気に堪えられず、鈴子さんは2003年に離婚を申し出て、成立

ちまたでは、加藤茶のことを”ロリコン”呼びする人も少なくなかったようですね・・・・。

さらに加藤茶と加藤鈴子が離婚を発表する2ヶ月前、家族でハワイ旅行をする姿が芸能記者に撮られたことがあります。

2003年1月に、ハワイのホノルルの日本料理屋で、加藤茶夫妻、それに3人の子どもを目撃。せっかくの年末年始のハワイの家族旅行にもかかわらず、家族はまるでお通夜の晩のように暗い雰囲気だった。あとから思うと、あの夜は、いわば”最後の晩餐”だったのだろう。

せっかくのハワイ旅行なのにも関わらず、暗い雰囲気だったようですね。もうこのときから、離婚を視野に考えていたのでしょう。

加藤茶と前妻の子供は3人で間違いない!

今回は、加藤茶と前妻の出会いから馴れ初め、そして子供の有無について解説させていただきました。まとめると以下のようになります。

・加藤茶の前妻とは、かつてきもの講師をされていた加藤鈴子

・加藤茶と前妻との間には3人の子供がいる

・長女はテレビ出演の経験があるが、現在の活動状況は不明

・離婚理由は加藤茶が若い子と浮気したから?

加藤茶と妻・綾菜

現在の妻・綾菜との間には子供はいませんが、前妻との間には3人いることが分かりました。また3人の子供については、加藤鈴子が親権を持っているようで、現在も4人で仲良く暮らしているようです。

加藤茶も、現在の妻・綾菜と仲良く幸せに暮らしてほしいですよね~。

最後までご覧いただきありがとうございました。