宮崎駿

【驚愕】宮崎駿の年収は低すぎる?!驚きの資産額を公開します

「宮崎駿の年収ってどのくらい?」

「ジブリってかなり人気だから宮崎駿は大金持ちだよね?」

「宮崎駿の資産額が気になる!」

興行収入100億円を超えるジブリ作品を生み出し続ける宮崎駿さんのことですから、年収や資産はとんでもない額になっていそうですよね!宮崎駿さんの実際の年収や資産について気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、宮崎駿さんの年収や資産額について詳しく解説していきます!実は思ったより低いといわれる年収の真相が気になりますね!宮崎駿さんのことをもっと知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

宮崎駿の手取り年収は約6000万円

真剣な顔の宮崎駿

宮崎駿さんの手取り年収は、現在約6000万円といわれています。「あのジブリ作品を作り続けている監督がそんな年収のはずがない」と思いませんか?実は、宮崎駿さんの年収ピークは1998年から2001年あたりです。2003年には自ら年収を落とし、現在も下がり続けているといいます。

人気絶頂の1998年といえば『もののけ姫』、さらに2001年は『千と千尋の神隠し』が公開された年ですよね!高額納税者番付では、宮崎駿さんのその年の推定所得が約9300万円と発表されていました。1998年時点では推定1億5000万円という情報もありましたよ!その後も世界的なヒットを叩き出した作品が多くあるにも関わらず、年収がそれほど高くないのには理由があるようです。

ジブリ作品の興行収入は億超えばかり!

ちなみに、ジブリ作品の興行収入が億を超える桁数を叩き出していることはご存知のことでしょう。

ランキングにすると以下のように続きます。

1.千と千尋の神隠し(2001年)…304億円
2.ハウルの動く城(2004年)…196億円
3.もののけ姫(1997年)…192億円
4.崖の上のポニョ(2008年)…155億円
5.風立ちぬ(2013年)…120億円

大ヒット作の興行収入は100億円を超えていることがわかりますね!世界的にも有名な作品揃いのジブリですので、宮崎駿さんはやはり相当稼いでいるように見えます。いったいどのようにして年収を下げているのでしょうか?

関連記事

宮崎駿といえば、「千と千尋の神隠し」「となりのトトロ」など、数々の名作を作り上げてきた映画監督です。彼といえばジブリをイメージする人も多いのではないでしょうか?ちなみに宮崎駿自身がこれまでに監督を務めた作品は、全部で26個ありますが[…]

宮崎駿のおすめ作品ランキング1位は?

アトリエ兼事務所の総資産は50億を超えている

アトリエで作業をする宮崎駿

実は、アトリエ兼事務所である『二馬力』には、宮崎駿さんの資産が注ぎ込まれています。その総額は50億円を超えるそうですよ!節税対策も兼ねているのでしょうか?

宮崎駿さんはピークで稼いだときに「そこまでの収入はいらない」と判断し、現在は自身の収入を下げて若手の育成に力を入れているようですね。ジブリ作品に対する宮崎駿さんの愛情の強さが伺えます。

やはりジブリ作品が大ブームを告げた時代にはかなり過酷な労働環境だったというのですから、世の中の流れや働き方を見つめ直した結果、若手を育てようという方針に変わったのでしょう。時代の変化にも適応する宮崎駿さんはさすがですね!

宮崎駿の年収は低いがあえてそうしていた!

微笑む宮崎駿

宮崎駿さんの年収と資産額について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

宮崎駿さんがあえて自分の収入を低く設定し、今後の育成に力と愛情を注いでいることがわかりましたね!意外と低い年収に驚いた方も多かったのではないでしょうか?しかし、事務所内に資産を充てていたところはさすがでしたね。

今後の宮崎駿さんの年収と資産はどのように変動していくのでしょうか?2001年をピークに徐々に下げられている年収がどこまで下がっていくのか、今後も見届けていきたいものですよね!また、ジブリ作品の興行収入額との関係も気になるでしょう。ぜひこの記事を参考に、これからの宮崎駿さんの活躍や興行収入の変化、年収や資産額の変動について注目してみてくださいね!