岸田文雄の自宅

岸田文雄2つの豪邸自宅はどことどこにある?

“岸田文雄さんの自宅は、約1億5000万円の価値が…”

「岸田文雄の自宅って何個あるの?」「豪邸もあるって本当?」「どこに住んでるの?」

と気になってはいませんか?総理大臣として大きく活躍している岸田文雄さんについて、いったいどんなプライベートがあるのかと知りたい人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では岸田文雄さんの自宅についての情報を掘り下げていきます。

岸田文雄さんがどのようなところに住んでいるのか?気になる人はぜひ参考にしてみてください。

岸田文雄は自宅を2つ持っている

岸田文雄さんは地方に選挙区を持っているため、地方と東京の2つの場所に自宅を所有することで政治家としての仕事を全うしています。

一方の自宅は、高級マンションで豪邸だという噂が囁かれていますが、真実はどのようになっているのでしょうか?

岸田文雄さんが所有する2つの自宅、東京都渋谷区神宮前に1つ、地元の広島県広島市比治山にもう1つあるとされています。以下で詳しく見ていきましょう。

1.渋谷区神宮前

岸田文雄さんが子供の頃からずっと持っていたとされる自宅は、東京都渋谷区神宮前にあります。

一般的なマンションの約1.5倍もの広さを持ち、その面積は92㎡に至ります。旧財閥系の不動産会社による高級マンションとされているため、かなりの豪邸であるといえるでしょう。

渋谷区神宮前の自宅

岸田文雄さんのように東京都渋谷区に自宅を持つ政治家は多いといいます。安倍晋三さんは渋谷区富ヶ谷、麻生太郎さんは渋谷区神山町、岸信介さんや三木武夫さんは渋谷区南平区に住んでいたとされています。

高級住宅が立ち並ぶ渋谷区では、政治家が多いのも納得ですね。

安倍晋三の自宅

2.広島市比治山

岸田文雄さんのもう1つの自宅の場所としては、地元である広島県広島市比治山が挙げられます。

岸田文雄さんは東京育ちではあるものの、毎年夏になると広島県の自宅で過ごしていたといいます。奥さんが現在住んでいるのも広島県の自宅です。

広島の自宅

また、比治山という場所は小高い山の上にあり、戦国に活躍した毛利元就が拠点を置こうとしていた場所であるとされています。岸田文雄さんの自宅が由緒ある地域に存在していることがわかりますね。

東京で初めてマンションに住んだ人は祖父

東京の自宅の歴史においては、岸田文雄さんの祖父の代まで遡るといえます。

祖父である岸田正記さんが古くから所有していた土地である渋谷区神宮前に建てられたのが、東京都内で初めて「マンション」と呼ばれました。

土地の場所から通称「穏田マンション」と呼ばれていた岸田文雄さんの自宅は、約1億5000万円の価値があるといわれています。まさに豪邸であるといえるでしょう。

まとめ

ここまで、岸田文雄さんが2つ持っている自宅についての情報を詳しく紹介してきました。岸田文雄さんの自宅やその周辺地域には祖父の代からの歴史があり、現在においては価値も非常に高いということがわかったのではないでしょうか?

そのような自宅を抱えている岸田文雄さんは、やはり総理大臣という風格に相応しく凄い存在であるといえるでしょう。

岸田文雄

噂通りの豪邸を抱えていた岸田文雄さんですが、今後は総理大臣としてどのような活躍を重ねていくのでしょうか?コロナ対策や新たな政策に追われる現在、岸田文雄さんがどのような働きをするのか、期待に目が離せないですね。

ぜひ、この記事を参考に岸田文雄さんへの理解を深めてみてください。岸田文雄さんの自宅はどこにあるのか、その背景を深掘りすることで、より一層活動に注目することができるはずです。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。