市川中車の家系図について

市川中車の家系図が気になる!父親は市川猿翁で母親は浜木綿子

市川中車こと香川照之は俳優として活躍しており、彼の代表作でもある日曜劇場『半沢直樹』をご覧になったの方も多いかと思います。独特な演技でしたよね。

そんな香川照之ですが、歌舞伎界では市川中車の名前で活躍しております。一体どんな家系図になっているのでしょうか?

そこで今回は、香川照之あらため市川中車の家系図に着目し、父親や母親について紹介させていただきます。

市川中車の家系図は・・・?

こちらが市川中車の家系図です。

市川中車の家系図

市川中車は、二代目市川猿翁と女優・浜木綿子との間に生まれました。そして市川中車の息子が、市川團子です。”市川猿之助の事件”をきっかけに、猿之助の代役として世に名が知れ渡りました。

家系図を見ても分かる通り、歌舞伎一家で生まれた市川中車ですが、訳あって歌舞伎と離れ俳優として芸能界で活躍していました。しかし、長男である市川團子が生まれたことをきっかけに、歌舞伎界で活躍することを決意したそうです。父親として責任を感じたのでしょうか。詳しくは後ほど説明します。

ちなみに市川中車の両親は1968年に離婚したため、それ以降彼は母親に育てられました。俳優の名前である「香川」は母親の姓だそうです。

そしてご存知の方もいるかもしれませんが市川中車のいとこは、市川猿之助です。一時期不仲説が浮上していましたが、実際はとても仲が良いと話していました。

関連記事

2023年5月18日、市川猿之助の救急搬送事件が起きて以来、市川中車との関係に着目されるようになりました。市川中車と猿之助は兄弟?従兄弟?といわれているようですが、実際はどうなのでしょうか?さらにネットでは、2人の仲が悪いとのウワサ[…]

市川中車と猿之助の関係は?

中車の父親、市川猿翁について

市川中車の父親は、九代目市川猿翁です。

市川猿翁

市川猿翁は、歌舞伎一家の長男としてあるべき者が俳優業として活動していたことに対して不満を持っていたため、25歳になった市川中車が父・市川猿翁の元を訪ねたとき、

市川猿翁

大事な公演の前に突然訪ねてくるなんて、役者としての配慮が足りない。
そもそもあなたは、息子でもないし親でもない。

という言葉を発し、市川中車との関係を拒絶したんだそうです。

たしかに市川中車は歌舞伎家の長男として生まれましたが、大学は名門・東京大学を進学したため、なかなか歌舞伎の道に入る余裕が無かったのかもしれません。しかしここを理解してなかった父親は、かなりの不満を持っていたと話していました。

でも父との関係を修復させたかった市川中車は、何度も何度も父の講演を観に行っていたようです。もしかしたら心の中では、歌舞伎界に入りたいと思っていたのかもしれません。

その結果、市川中車が結婚し長男・團子が誕生したときに開かれた記者会見では、

市川團子と市川中車

140年続く、猿之助の名跡。政明という長男がいて、この”船”に乗らないわけにはいかないんです。

と発表していました。そして父・市川猿翁とも和解したことで、46歳で歌舞伎を始めるという異例の展開が始まったのです。きっと息子が歌舞伎界に入ることを決意したと知ったときは、市川猿翁はかなり嬉しかったのではないでしょうか。

中車の母親、浜木綿子について

市川中車の母親は、元宝塚歌劇団トップ娘役の浜木綿子です。

浜木綿子

美人すぎる娘役として大活躍していた彼女でですが、1965年に結婚と同時に妊娠が発覚したため、当時出演中であった大河ドラマを降板して市川中車を出産しました。しかし結婚生活はそう上手くはいかず、市川中車がまだ1歳の時に夫・市川猿翁は突然家を出てしまい、それから夫婦別居状態になっていたそうです。

ちなみに家を出て行った本当の理由は…。

なんと市川猿翁が昔から思いを寄せていた藤間紫のことがどうしても忘れられず、2人で駆け落ちしたんです。当時、藤間紫も既婚者であったためダブル不倫ということになりますね。

藤間紫

せっかく結婚したのに、しかも息子はまだ1歳だったのに違う女性のところに行ってしまったとは、当時の浜木綿子はかなり2人を恨んだに違いありません。

市川中車の歌舞伎家系図情報!

今回は、市川中車の家系図に着目し、父親そして母親について解説させていただきました。まとめると以下のようになります。

・市川中車の父親は二代目市川猿翁である

・市川中車の母親は浜木綿子である

・当時俳優業として活動していた中車に対して市川猿翁はかなりの不満を持っていた

・長男・團子の誕生により親子の関係は良好になった

歌舞伎一家で育った長男が俳優業に進んだときは、かなりの不満を持っていた父親。そのため口も利かなかったそうですが、長男の誕生により2人の間の壁が無くなったようですね。安心しました。

その父から歌舞伎の実力が認められるように、これからも日々努力していってほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!