是枝裕和の年収が低すぎるww映画業界は驚愕の低収入で働いていた!

「是枝裕和の年収が低いって本当?」
「是枝裕和って人気の監督だしさすがに高収入でしょ…」
「映画業界自体の年収が驚くほどヤバい…!」

映画『万引き家族』や『そして父になる』で脚光を浴び、世界的に注目されている映画監督の是枝裕和さん。年収がどれくらいあるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

映画業界の年収はピンキリだともいいますし、いったいどれほど稼げているのか知りたいですよね!

そこで、この記事では是枝裕和さん自身はもちろん、映画業界の年収事情についても解説していきます。是枝裕和さんがいくら稼いでいるのか、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

是枝裕和の年収は映画業界の中でも低い?!

年収を語る是枝裕和

映画監督・是枝裕和さんの年収は、実は映画業界の中でも低いだといわれています。「あんなに数々の賞を獲得してきたのに?!」と思う方も多いでしょう。ちなみに、是枝裕和さんが獲得した賞は以下の通りです。

・カンヌ国際映画祭 パルム・ドール(2018年『万引き家族』)
・カンヌ国際映画祭 審査員賞(2013年『そして父になる』)
・カンヌ国際映画祭 エキュメニカル審査員賞(2022年『ベイビー・ブローカー』)
・ヴェネツィア国際映画祭 ロベール・ブレッソン賞(2022年)
・ロサンゼルス映画批評家協会賞 外国語映画賞(2018年『万引き家族』)
・ロサンゼルス映画批評家協会賞セザール賞 外国映画賞(2018年『万引き家族』)
・日本アカデミー賞 最優秀監督賞(2015年『海街diary』)(2017年『三度目の殺人』)(2018年『万引き家族』)
・ブルーリボン賞 作品賞(2004年『誰も知らない』)
・ブルーリボン賞 監督賞(2008年『歩いても歩いても』)
・サン・セバスティアン国際映画祭 最優秀脚本賞(2011年『奇跡』)

これでもまだ一部分ですが、是枝裕和さんがかなり多くの賞を獲得してきたことがわかりますね!それでも映画業界の平均年収といわれる400万円を下回る年収だといわれています。

映画業界は年収300万円未満が多い

実は、映画業界の年収は300万円未満がほとんどです。是枝裕和さんも所属する映画業界支援団体『日本版CNC設立を求める会』によれば、2019年の興行収入は過去最高の2600億円だったものの、業界人の年収は300万円を切る結果になったといいます。

映画業界の年収

映画製作に携わる人のほとんどはフリーランスが7.5割を占めており、その中でも6割以上は契約書をもらわずに働いているそうですよ!若手が定着しないといわれる事情はこのあたりにありそうですよね。

映画監督は低収入・長時間労働で過酷!

映画監督の仕事は低収入から抜け出せず、さらに1日の睡眠時間が4時間から6時間という人が大半だという映画業界は、かなり過酷な現場ですよね!映画に対する熱意が相当ないと務まらない仕事だといえます。よく体調不良で会見を休む…なんて人がいませんよね!

是枝裕和『ベイビー・ブローカー』受賞式

海外の映画業界は、1日8時間と休日2日が約束されているそうです。フリーランスが蔓延っている日本とは大違いですよね!しかし、映画監督らは海外のような働き方が良いこともわかっています。妥協できないクオリティに時間を費やすからこそ、是枝裕和さんのような素敵な作品が仕上がるんですね!

是枝裕和と映画業界の年収は厳しい状態だった

未来に目を向ける是枝裕和

ここまで是枝裕和さんと映画業界の年収に関する事情を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

思っていたよりも是枝裕和さんの年収が低く、映画業界も厳しい状態にあることがわかりました。まさか年収が300万円を下回る職業だとは思いませんでしたね!

今後も、映画業界は厳しい道を辿るのでしょうか。是枝裕和さんの活躍もまた気になるところですね!ぜひこの記事を参考に、今後の是枝裕和さんや映画業界に注目してみてください。