橋下徹の弁護士時代

橋下徹の弁護士としての実力が凄かった!誇れる実績3つを解説

“請け負った裁判は、8年間の…”

大阪府知事になる前から、数々のテレビ番組での活躍が見受けられていた橋下徹さんですが、弁護士としての実力はどのくらいあるのか、知らない人も多いのではないでしょうか?

真面目でお堅い印象が想像しにくい橋下徹さんにおいては、弁護士として名を挙げているイメージがつきにくいかもしれません。

そこで、この記事では弁護士として働いていた橋下徹さんの隠された実力を紐解いていきます。弁護士時代の橋下徹さんには、その容姿や性格から、さまざまな噂が渦巻いていたことでしょう。いったいどんな実力を持っていたのか詳しく見てみてください。

弁護士時代の橋下徹

弁護士時代の橋下徹さんといえば、スーツを着ていなかったことに衝撃を受けたという人が多いのではないでしょうか?

当時は、茶髪にサングラスをかけた姿で、ジーパンに革ジャンを羽織った服装をしていました。その弁護士とは思えない風貌から一躍有名となり、テレビ番組に引っ張りだこになったといえます。

橋下徹の茶髪

それをきっかけに、タレント弁護士という肩書きがついた橋下徹さんですが、弁護士としての実力は、いったいどの程度だったのでしょうか?

橋下徹の誇れる実績3つ

実は、橋下徹さんは、25歳で司法試験に一発合格を果たしているという実力を持っています。その後は、2年ほど司法修習を行い、大阪の法律事務所に就職しました。

以下の記事では、弁護士となった橋下徹さんが果たした偉業の数々を紹介していきます。橋下徹さんは、3つの大きなことを成し遂げた実力ある弁護士だということがわかるのではないでしょうか。それでは、橋下徹さんの優秀な弁護士としての一面を見ていきましょう。

1・年収3億円

2007年時点、弁護士として名を挙げていた橋下徹さんの年収が3億円であることを発表しました。一般的な弁護士であれば、平均的に728万円の年収であるとされているため、橋下徹さんの年収に届くことはなかなか難しいでしょう。橋下徹さんはタレントとしても大きく活躍していたことから、その莫大な年収に辿り着いたといえます。

年収3億

また、橋下徹さんは「タイムイズマネー」の考え方にシビアな一面を持っているため、無料相談などのサービスを行うことなく、弁護士としての営業をしていました。橋下徹さんの場合、相談料だけでも個人で1万円、法人からは3万円を徴収するなど、並の弁護士よりも高い価格設定をしていましたが、それ相応の実力があったからこそ、成功したのだといえるでしょう。

2・1年で事務所を独立

通常では、弁護士として独立を果たすまでに10年から15年ほどかかるといわれていますが、橋下徹さんはたったの1年で弁護士事務所を独立したといわれています。

橋下徹さんが持つ合理的な考え方と決断力の強さで、ハイスピードな独立が叶ったのであるといえるのではないでしょうか。

3・裁判では8年間無敗を記録

弁護士時代の橋下徹さんは、主に消費者金融シティズの顧問弁護士を担当していました。そこで請け負った裁判は、8年間の無敗を記録していたといいます。

橋本徹・無敗

橋下徹さんが弁護士を降りた後、その無敗記録が破られたことから、相当な実力を持っていたことがわかるのではないでしょうか。8年間もの間、裁判で負け知らずだった橋下徹さんは、弁護士として非常に優秀だったことが伺えるでしょう。

まとめ

弁護士時代の橋下徹さんの活躍と実力のほどを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

その容姿が与えるイメージとは裏腹に、非常に優秀な実力派の弁護士であったことがわかったでしょう。

タレント弁護士ではあったものの、しっかりと弁護士としての実力も兼ね備えていた橋下徹さんの魅力に、再度気づくことがあるかもしれません。今後の橋下徹さんの活躍にもぜひ注目してみてください。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。