蓮舫の国籍

蓮舫の本当の国籍は?二重国籍問題はなぜ起きたのか?

“かつての日本は国籍法に父兄血統主義を採用していたため…”

国会で過激な発言を繰り返す蓮舫さんですが、その度に向けられるコメントが、

「二重国籍はどうなったんですか?」「二重国籍はしてもいいの?」「蓮舫の二重国籍は何が原因?」

といった内容のものが非常に目立ってます。実際このような疑問を持っている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は蓮舫さんの本当の国籍を暴くと共に、二重国籍問題について掘り下げていきます。この記事を読むことで、蓮舫さんの考え方がより一層理解できるようになるかとおもわれます。

蓮舫の二重国籍問題

まず初めに、蓮舫さんの二重国籍問題とはどのようなものだったのでしょうか?

事の発端は2016年8月、民進党の代表選を控えているとされた蓮舫さんに台湾国籍が残っていることが明らかとなったことで、問題が発生しました。

蓮舫

これにより、日本国籍も持っていた蓮舫さんに対して世間は「二重国籍である」と騒ぎ立てたのです。

1ヶ月後、すぐに蓮舫さんは台湾国籍の離脱手続きを進めることとなりますが、二重国籍を批判する世間の声が止むことはありませんでした。

選ばれた国籍は日本だったが…

1年経った2017年、蓮舫さんは日本国籍を選択したことを証明するため、自身の戸籍謄本を公開しました。

しかし、この行動は「外国籍の親を持つ人々にとってよくない前例になるのではないか」と物議を醸す結果となってしまいます。日本にいることから日本国籍を選んだと捉えられますが、必ずしも全員がそうしなければならないということにはならないのです。

二重国籍問題が訴えかけることとは

これらのことから蓮舫さんの二重国籍問題は、日本国民全員を巻き込んだ大きな話題へと発展しました。そもそも、なぜ二重国籍がそんなに問題になってしまったのでしょうか?

1985年、かつての日本は国籍法に父兄血統主義を採用していたため、父親が外国籍であればその子は同じ外国籍を持たなければならないとされていました。それが85年以降、母親が持つ他国籍の選択ができるようになったことで、事態は混乱を招くこととなります。

二重国籍問題

今回も、父親から受け継いだとされる台湾国籍が残っていたことで、二重国籍問題が発生しました。しかし、蓮舫さん自身が日本国籍を選択することで、さらなる問題を呼ぶ結果となってしまったのです。

この問題を歴史的観点から見ると、国籍法がいかに女性に不利な法律であったのか、わかるのではないでしょうか。

急増したデマの数々

さらに、今回の問題を受け、蓮舫さんに対するデマの数々が加速する事態となりました。公開した本人確認書類の中でも、中華民国パスポートにおいて「中華民国駐韓大使館(京)」印が押されていたことで、さらなる物議を醸しています。

蓮舫・戸籍

代理のタイミングによるただの印というだけであったにも関わらず、さまざまな憶測が飛び交ってしまい「実は韓国籍も持っているのではないか」などといったデマまで囁かれることとなり、話がデカくなりすぎてしまったのです。

この記事からわかったこと

ここまで、蓮舫さんの二重国籍問題に関して、その原因などを掘り下げてきました。もちろん、この問題きは蓮舫さんの説明不足も起因していることでしょう。それだけでなく、かつての日本のシステムや機関のタイミングが運悪く噛み合ってしまったことにより、物議を醸す結果となってしまったのです。

河野太郎

2022年の現在においても、未だ二重国籍問題についてコメントされてしまう蓮舫さんですが、今後の対応はどのように変わっていくのでしょう?

日本の国籍法の移り変わりや蓮舫さんの活動には今後も注目ですね。また新たな視点から理解が深まるのではないでしょうか。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。