藤田晋の年収や資産がヤバい

藤田晋の年収は数十億円!?資産もケタ違いすぎたww

株式会社サイバーエージェントの代表取締役社長、そして般社団法人パッションリーダーズ特別顧問など多くの肩書きを持つ藤田晋。サイバーエージェントといえば、インターネット広告事業やメディア事業、ゲーム事業を主とした、日本の大手株式会社です。

そんな大手株式会社の社長として働く藤田晋の年収や資産は、どのくらいなのでしょうか?きっと私たちからは、想像もつかない金額なんだと思います。

では、株式会社サイバーエージェントの代表取締役社長である藤田晋の年収および資産について、詳しく紹介していこうと思います。

藤田晋のプロフィール

藤田晋の名を聞くと、多くの人は「サイバーエージェントの社長である」とイメージするのではないでしょうか?

実は彼、サイバーエージェント代表取締役社長以外にも多くの肩書きを持っているんです。では藤田晋とはどのような人物なのか、プロフィールを紹介していきたいと思います。

・名前:藤田晋(ふじた すすむ)
・生年月日:1973月5月16日
・出身地:福井県鯖江市
・職業:日本の実業家、馬主、株式会社サイバーエージェント代表取締役社長、一般社団法人新経済連盟副代表理事など

藤田晋は、1998年に起業し、株式会社サイバーエージェントを設立しています。

株式会社サイバーエージェント

藤田晋は2000年、史上最年少で”東証マザーズ上場”を果たすという凄まじい功績を残しています。なんと当時の彼の年齢は、まだ26歳でした。

若いながらも功績を残していた頑張りが、今の実績に繋がっているのでしょう。

藤田晋の年収は数十億を超える!?

大手株式会社サイバーエージェントの代表取締役社長を務める藤田晋は、いったいどれくらいの年収なのでしょうか?

サイバーエージェントの代表取締役社長の藤田晋の年収は?

詳しい金額までは分かりませんが、「日本人資産家ランキングTOP100」に掲載されている情報によると、

12位 藤田晋

総資産730.6億円 年収17.5億円

実業家。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長、一般社団法人新経済連盟副代表理事。

と記載されていました。さすがIT長者と呼ばれる藤田晋、かなり稼がれているようですね。

どうやら藤田晋が稼いでいる年収の大半は、サイバーエージェント株の配当金だと言われています。2021年9月時点で配当予想が11円であるため、株数を掛けて計算すると、既に9億円を超えていることになるんですね。

さらにサイバーエージェント社の役員報酬だけでも、余裕で1億円は超えると言われており、ここに藤田晋が開催する講演会費用や取材費用などを合算すると、総額10億円は超えますね。なんと恐ろしい・・・・・・。

ちなみには、 1位はソフトバンクグループ株式会社代表取締役会長兼社長の孫正義でした。

日本の資産家ランキング第1位の孫正義

関連記事

"1年の間に孫さんは自身の財産を大きく減らし..."世界には多額の資産を個人で所有している有名人が多くいます。日本にも多くの財産を持っている人はいて、その中でも特に有名なのが孫正義さんです。今回はそんな孫正義さんの資産がいく[…]

孫正義の資産

資産額は本人も把握できていない?

続いて藤田晋の資産額についてです。

先ほど紹介した「日本人資産家ランキングTOP100」には、総資産額730.6億円と記載されていました。

資産額がエグすぎる藤田晋

しかし、過去のインタビューにて「藤田晋さんの資産額はいくらなのか?」と問いたところ、彼は「分からない」と答えたそうです。

自分でも把握が出来ないほどの資産額ということなのしょうか?

たしかに「藤田晋のWikipedia」を調べてみると資産額1,944億円と記載されています。つまり彼の資産額は、年々上がってきているんですね。

ちなみに資産の内訳の大半も、サイバーエージェントの株式だそうです。

彼はまだ49歳。若いながらもしっかり成功していらっしゃるのが凄いと思います。

藤田晋の年収や資産がエグすぎたw

今回は、株式会社サイバーエージェント代表取締役社長である藤田晋の年収および資産を紹介させていただきました。まとめると以下のようになります。

・藤田晋の年収は推定で17.5億円と言われている

・資産額について、おそらく2000億円は超えているだろう

・藤田晋は、若いながらも努力してここまでの実績を作り上げてきた

若いときから努力してきたからこそ、今では大手株式会社の代表取締役社長を務められているのでしょうね。彼の今後の活躍に期待ができそうですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。